【事例まとめ】ドローン外壁調査はお任せ!スカイステージの実績と強み

ドローン 外壁調査

大阪で建設・防災・映像・スクールなど様々な分野でドローンを活用して社会貢献を目指すスカイステージです。

足場組み立てやゴンドラを用いた外壁調査方法に変わって、近年注目されているのがドローン外壁調査。

従来の外壁調査方法に比べて、調査期間も短くコストも抑えられることが特徴で、大規模修繕時だけでなく、雨漏り調査や建物の査定にも活用されています。

実はドローン外壁調査は、操縦技術だけでなく建築の知識も兼ね備えた会社に依頼すべきであることをご存知でしょうか?

スカイステージは建築関連のドローン活用に強みを持ち、外壁調査では様々なマンション、工場や戸建て物件の調査を行ってまいりました。

  • ドローンを活用した外壁調査、活用方法に興味がある
  • どんな会社にドローン外壁調査を依頼すべきかわからない
  • 実績が豊富な会社にドローン外壁調査を頼みたい

今回はそんな悩みを持つお客様に、弊団体が安心してお任せできるドローン調査会社である理由と調査事例をご紹介いたします!

ドローン外壁赤外線調査はお任せ!スカイステージの強み

実はドローン調査会社と一口に言っても、映像撮影を強みとする会社やインストラクター育成が主事業のドローンスクールなど特徴や得意分野は会社で様々です。

実際に調査を引き受けたものの調査業務が初めてであったり、赤外線調査の特性を知らないゆえに精度の低い報告書が出来上がってしまうなど、ドローン外壁調査は最適な会社に依頼しなければ期待した調査結果を得ることができません。

特に外壁調査や建物の点検を目的とした調査会社であれば、ドローンの操縦技術の上手さだけでなく、建築の知識やドローン点検の実績も積んでいる会社を選ぶことが必要です。

スカイステージでは以下三つの特徴を兼ね備えており、他のドローン調査会社よりも建築関係のドローン調査への自負がございます。

建築関係に特化したドローンのインストラクターを養成

弊団体のドローンスクールは「業務特化型スクール」として、建物赤外線診断コースを 創設。一般的なドローン操縦だけでなく建物赤外線診断に必要な法律の知識や調査時の注意点も詳しく教えています。

建築の知識・経験がある

弊団体では一級建築士が在籍しているため、大規模修繕時に必要な報告書の作成まで行えます。また、弊団体代表岩根は建築の経験があることから、外壁の劣化部分の判断だけでなく修繕方法のアドバイスまで提示できる提案力があります。

ドローン外壁調査の実績

実際に高層ビルや集合住宅の外壁調査や大規模修繕時の調査のお問い合わせをいただき、調査結果にご満足いただけています。すでに実績があるからこそ、ドローン調査で必要な調査手続きも全てお任せいただくことが可能です。

スカイステージの外壁調査実績・事例をご紹介!

ドローン外壁調査はタイルの浮きや割れ、雨漏りを感知できるだけでなく、画像として対象箇所を記録して残すことができます。調査精度も打診調査と同等です。

弊団体ではドローン飛行が難しい調査場所やマンション査定のための外壁調査、そして雨漏り調査まで幅広い調査を行ってきました。

以下、事例をご紹介しましょう。

スカイステージのドローン外壁調査事例【1】空港間近にある工場のドローン外壁調査

工場内で雨漏りが発見されたことから、赤外線調査での雨漏り箇所を判別してほしいとのご依頼でした。

現場は大阪国際空港の滑走路から100mくらいの場所にある建物であり、ドローンの飛行手続きが複雑になる場所。

ドローンは飛行場からの距離に応じて機体内のGPSより飛行速度や高度を制限されています。飛行場の近くなどではプロペラの回転数や高度が自動に制御され、通常の平地と同じようにドローンが飛ばせないのです。

そのため、通常行われるドローンの飛行申請に加えて、ドローン製造会社へ連絡をとり機体に組み込まれている飛行制限を解除する必要があります。

弊団体では必要な申請を全て行い正式な手続きを踏まえて無事にドローン外壁調査を行うことができました。

実際にドローンを飛ばして建物の周りを撮影していたところ、一見可視画像には何も異常はない様子。

しかし、赤外線画像で撮ってみると外壁に低温度を示す紫色の部分が写り込み、外壁でいくつもの雨漏れが発生している様子が確認されました。

ドローン外壁調査では人の目視では確認しづらい上空から建築物を確認できることが強みです。

雨漏り以外にも、建物の裏側の凹みや、雨水や紫外線から外壁を守るケラバと呼ばれる部分の劣化も発見。依頼された担当者も「そんなところがあったなんて」と気付かなかった場所です。

操縦者が建築への理解とドローンの操縦ポイントを抑えた調査力を兼ね備えていたからこそ、建物の水漏れや気づきにくい劣化場所を確認することができました。

今回は申請ひとつ間違えてしまうと飛行許可が降りないどころか、ドローンが飛ばない恐れのある調査です。

弊団体では今回のケース以外でも、必ず飛行申請や調査に必要な手続きを行なった上でドローンを飛ばし、安心安全な調査を心がけております。ドローン調査が可能か判断させていただくこともできますので、お気軽にご相談ください。

スカイステージのドローン外壁調査事例【2】築14年のマンションの外壁調査

資産価値を正しく査定するために劣化部分をきちんと把握したいという不動屋さんよりご依頼をいただきました。

通常建物の劣化状況を詳細に確認するのであれば、足場を組んだりゴンドラを用いた外壁調査が必要ですが、高額な調査費用がかかってしまいます。そのため、過去の大規模修繕時の資料を参考にしたり目視での確認など曖昧な確認でしか建物の状況を簡単に把握する方法はありませんでした。

その結果、マンションの購入後に劣化が発覚し修繕費用が思った以上にかかってしまう事案も発生。不動産購入者が販売者の査定や見積もりを疑い、信頼性を損ねることにも繋がってしまいます。

不動産販売者や仲介者も売買におけるトラブルなく契約をスムーズに進めるために、事前調査として期間もコストも抑えられるドローン外壁調査を選ばれるお客様が増えてきました。

今回のご依頼では建物自体が築14年であり、外から見てみると特にひどい劣化は無い様子。

赤外線を当てて内部の状況を確認することで外壁調査を進めていきました。

弊団体では操縦者の安全性を確保するために、必ず安全補助者をつけてのドローン外壁調査を行っています。

ドローン外壁調査では正確な写真を撮る必要があるため、操縦中は画面に集中し続けてしまい周りに気を配る余裕はありません。

そのため、操縦中に周りの歩行者や車両とぶつかったり、飛行中のドローンが周囲を飛ぶ鳥とぶつかる恐れも出てきます。

安全補助者はドローン操縦者が操縦に集中できるように、ドローンの飛行範囲や操縦者の周辺の安全確保を行います。

今回も調査現場周辺にカラスが飛び続けており、調査を取りやめる恐れもありましたが無事に撮影を終えることができました。

元々痛みが少なかった物件だったとはいえ、気になる部分は漏れずに報告書に記載しお客様へお渡しします。ドローン赤外線調査であれば、第三者から見ても不良箇所が判明する報告書が作成できるため資産価値を裏付けるデータとしてもご活用いただけます。

ご依頼者からも今後の物件を全てドローンで調査するか検討するほど、調査内容にご満足のお声をいただきました。

スカイステージのドローン外壁調査事例【3】大規模修繕前の予算検討のドローン外壁調査

8階建てマンションの管理会社から今後の大規模修繕の予算と時期を検討するための外壁調査としてご依頼をいただきました。

ドローンを飛ばして壁面を調査していたところ、5階部分に外壁が膨らんですでに浮いて隙間ができた状態が発見さました。何か障害物が当たればすぐに落ちてしまいそうな危うさです。

目視で地上から探そうとしてもわからない場所であり、ドローンを飛ばし画像を撮影できたからこそ早期に確認することができました。

真下には駐輪場で車も一台止まっており、何も対応をしないまま放置していれば、通行人に落下したパネルが当たって大事故も発生する恐れもあります。

弊団体より「囲いを設置し安全を確保すべき」とアドバイスさせていただき、事故を予防することができました。

ドローンの点検は最短1日で終えることもできるため、素早く安全対策ができるのもドローン外壁調査の利点でしょう。

スカイステージのドローン外壁調査事例【4】ドローン調査で雨漏りの原因と修繕箇所を把握

調査を依頼された物件は2~3年間雨漏りが止まらず、毎回漏水が発覚するたびに雨漏りの修繕やタイル塗りを行っていましたが全く水漏れが止まりません。

とにかく雨漏りの原因と補修箇所を突き止めたいという切実なご依頼でした。

建築物の状態を確認するとドローン調査がしづらい物件であることが判明。
ALC造で外壁の浮きがわかりにくい構造な上に、修繕を重ねた結果タイルに塗装までしている状態です。外壁を塗っていると、ドローンが照射した赤外線が塗装ののりに反応してしまい、外壁の中に伝う水温や浮きによる低音が察知しにくくなります。

ひとまずドローンで外壁を一回り見ても異常が確認されなかったため、屋上から水が入っているのでは無いかと推測。

実際に屋上へ登って確認してみると、防水層の劣化や建物との隙間が見つかり屋上の防水シートの施工不良が原因であると判明しました。

弊団体では建築業界の経験者がドローン外壁調査を行うため、単純な調査結果報告だけでなく別の可能性や調査手段もご提案いたします。今回の漏水の事例では、もし建築知識がなければ現場調査のみで原因不明のまま終わったでしょう。

もちろんドローンの得手不得手を心得ているからこそ、場合によっては調査手段も足場組み立てやゴンドラなどドローン調査以外のご案内させていただくこともございます。

なお、屋上の施工不良を確認できた後は、隙間をシーリングで止める施工をご提案。
調査結果の指摘に終わらず、最適な修繕もご提案できるのが弊団体の強みです。

雨漏り箇所へのシーリング施工が終わってしばらくしても雨漏りがしないことから、長年の問題も無事に解決となりました。

今回はスカイステージの強みと実績について皆様にご紹介させていただきました。

弊団体ではこれまでマンションの大規模修繕の外壁調査から雨漏り、ドローンでの測量など様々な依頼を承っております。

また、建築分野でのドローン調査に自負があり、操縦技術だけでなく安全性と法律を遵守して調査を行います。

事例でもご紹介しましたとおり、空港近くなどのドローンの飛行手続きが煩雑な場所も対応するとともに、ドローン外壁調査に適していない場所も判断しお客様へ別手段での調査のご提案も可能です。

お客様だけでなく施工会社や不動産関係のお客様からもドローン外壁調査によって、

  • 調査時間が短縮できた上に、コストを抑えることができた
  • 建築の素人でも写真によって劣化部分が一目で見れて安心
  • 信頼できるデータが得られたことで外壁修繕費の見積もりが明瞭になった

と、喜びのお声をいただいております。

お見積もりやドローン外壁調査が可能かの判断もご相談できますので、お気軽に弊団体へお問い合わせください。