ドローン外壁調査コンサルが解説!外壁調査の種類とドローンが活躍するシーン

外壁調査にはどんな方法がある?ドローン外壁調査をおすすめするシーン

外壁調査方法には、大きく分けて目視調査・打診調査・地上から行う赤外線調査・ドローンによる赤外線調査があります。建物の状態や調査の目的、予算などに応じて適切な方法を選択することが大切です。

外壁調査はプロのコンサルに相談を!調査方法の種類とドローンが活躍するシーン

ドローン外壁調査の様子

外壁の状態を評価し、建物の安全や劣化状況を把握するためには外壁調査が必要です。こちらでは、外壁調査の主な方法と特徴について、またドローン赤外線調査をおすすめするシーンについて解説します。

主な外壁調査方法の種類

・目視調査

最も基本的な外壁調査方法です。目視調査に特別なライセンスは必要ありません。調査員が直接建物の外壁を視覚的に確認し、ひび割れ、剥がれ、色あせ、汚れなどの異常をチェックします。特別な機器を必要としないため、コストが低く簡単に行える点が特徴です。ただし、高所や見えにくい部分の検査には限界があり、調査員の経験や技術に依存するため、主観的な要素が入りやすいという懸念点があります。

・打診調査

打診調査は、特殊なハンマー(専用打診棒)を用いて外壁を軽く叩き、その音で内部の空洞や剥離などの有無を判断する方法です。音が鈍い場合は、下地の劣化や空洞があることを示唆しています。比較的簡単に行え、目視調査では見逃しがちな内部の問題も検出できるため、目視調査と併用されることも多いです。ただし、打診調査も調査員の技術や経験に左右され、主観的な判断が入り込む余地があります。

・地上から行う赤外線調査

赤外線調査は、外壁の温度分布を測定することで、表面の劣化や断熱性の低下、水漏れなどを検出する方法です。赤外線カメラを用いて外壁をスキャンし、温度の差や異常を確認します。目に見えない熱の問題を検出できるため、非破壊で効率的な調査が可能です。ただし、一般的に地上から撮影し調査するため、高層部分の精度が落ちることから打診調査と併用する必要があります。

・ドローンによる赤外線調査

ドローンを活用した赤外線調査は、地上から行う赤外線調査の進化形です。ドローンに搭載された赤外線カメラを使用し、空中から外壁の温度分布を測定します。高所や広範囲の調査が短時間で行えるのが大きな特徴で、人の手が届かない場所でも安全に調査可能です。精度の高いデータ収集ができます。

ドローンによる赤外線調査をおすすめする場所やシーン

ドローンによる赤外線調査は、その高い機動性と非接触性から、特に以下のようなシーンでの調査におすすめです。

・大規模な建築物の調査

大きな商業施設や高層ビル、工場などの広範囲にわたる外壁を調査する際に、ドローンはその効率性を発揮します。従来の手作業や地上からの赤外線調査では、多くの時間と労力が必要ですが、ドローンの赤外線調査なら短時間で大面積をカバーすることができ、コストと時間の削減につながります。

・高所やアクセス困難な箇所の調査

高層部分や崖に面した建物、狭い隙間がある建築物など、人が直接アクセスすることが困難な箇所の調査にはドローンが最適です。足場やリフトを設置することなく、安全かつ迅速に外壁調査を行えます。

・断熱検査や水漏れ調査

断熱材の劣化や水漏れは、赤外線カメラを使用して温度の異常を検出することで判明します。ドローンによる赤外線調査を行うことで、外壁全体の温度分布を一望でき、効率的に問題箇所を特定することが可能です。

・災害後の損傷調査

地震や台風などの自然災害後、建物の安全性を素早くチェックすることは非常に重要です。ドローンによる赤外線調査は、建物に近づくリスクを最小限に抑えつつ、効率的に被害状況を把握するための手段として有効です。

・複雑なデザインの建物の調査

複雑な構造や形状を持つ建築物の場合、様々な角度からの調査が必要になります。ドローンは多角的に飛行しながらデータを収集できるため、これらの建物の劣化状況を正確に把握することができます。

・定期的なメンテナンスチェック

建築物を長く維持するためには定期的なメンテナンスが欠かせません。ドローンを用いた外壁調査を定期的に実施することで、小さな異常を早期に発見し、大きな損傷や修理費用の増大を防げます。

・建物の品質確認

新築の最終チェックとして、施工の品質を確認するために赤外線調査を実施するとよいでしょう。ドローンを使用することで、建物の隅々まで迅速に検査し、断熱材の施工不備や隠れた欠陥を発見することが可能です。また、新築に限らず、建物の品質・価値を調査する際に役立ちます。

精度の高い調査を希望するならドローン赤外線調査がおすすめ!

ランディングパッドの上のドローン

外壁調査にはいくつかの方法があり、建物の状態や調査の目的などに応じて適切な方法を選択することが重要です。目視調査や打診調査は低コストで行えるが主観的な要素が強く、赤外線調査は非破壊で詳細なデータを得られるが専門知識を要します。

さらにドローンによる赤外線調査は高度な技術を駆使した効率的かつ精度の高い方法です。従来の方法では困難だった高品質なデータを迅速に収集できます。

なお、データの解析には専門的な技術や知識が求められるため、適切な専門家に依頼することが大切です。

外壁調査を依頼したいとお考えの際は、SKY-STAGEまでご連絡ください。ビルやマンションなどを対象に、ドローンによる赤外線外壁調査を行っています。ドローンで収集した赤外線データの精度を最大限に活かすため、高性能な解析ソフトを導入してデータを詳細に分析いたします。これにより、劣化の箇所・程度や原因の特定が可能です。ドローンによる赤外線外壁調査はぜひSKY-STAGEへご依頼ください。

ドローンでの外壁調査ならSKY-STAGEにご依頼ください

法人名 一般社団法人スカイステージ
住所 本社:〒570-0012 大阪府守口市大久保町5-14-7 樽本ビル2F-E
東京支社:〒164-0011 東京都中野区中央5-3-11 ロイヤルプラザ中野107号室
代表理事 岩根 義行
TEL 06-6914-4298
営業時間 月~土:9:00~17:00
休業日 日・祝
事業目的 ドローン外壁調査
ドローンパイロットの育成
ジョブパイロットの育成
ドローン撮影
映像制作
URL https://sky-stage.jp/