ドローン外壁調査
(赤外線点検)

12条点検や大規模修繕の積算にも対応します

このような全国のお客様から
ドローン外壁調査のご相談を頂いています。

マンション理事会

大規模修繕工事の時期になってきたが、できるだけ精度の高い見積りをしてもらいたい。
修繕費をできるだけ抑えたい。

大規模修繕会社

大規模修繕工事の見積もりに、エビデンスがほしい。
お客様に納得してもらえる説明で、信頼関係を築きたい。

不動産会社

中古物件の売買のために、建物の資産価値を証明できるデータがほしい。
そのために建物全体の状態を調査しておきたい。

工場

修繕をしたいが、どこを直せばいいのかわからない。補修箇所の優先順位も知りたい。
視覚的に老朽化の箇所がわかるデータがほしい。
長いこと雨漏りも止まらずに困っている。

行政

公共工事の橋梁やダムなど調査しにくい建造物にドローン赤外線点検を採用したい。
定期的に撮影し、工事経過の記録にも使いたい。

建設会社

自社でドローン外壁調査をできるようにしたい。
ジョブパイロット資格の取得や、その他必要な導入支援をしてほしい。

ドローン外壁調査(赤外線点検)
事例・実績

事例1

滋賀県
マンション95世帯

80万円

目的 外壁劣化調査
大規模修繕時の修繕箇所の
経過観察
調査期間 1日
レポート
赤外線報告書の内容 写真台帳(全箇所)
図面入力
使用機体 DJI Matrice 300 RTK

事例2

大阪府
マンション

35万円

目的 雨漏り調査
調査期間 1日
レポート
赤外線報告書の内容 写真台帳(異常部のみ)
図面入力
使用機体 DJI Matrice 300 RTK

事例3

大阪府 伊丹空港周辺
工場

45万円

目的 雨漏り調査及び外壁調査
調査期間 1日
レポート
赤外線報告書の内容 写真台帳(異常部のみ)
図面入力
使用機体 DJI Matrice 300 RTK
交通費・宿泊費は別途。
調査の金額は撮影範囲・建物面積により変動いたします。
必要なものに合わせた金額をお見積りさせていただきます。

ドローン外壁調査は飛行許可申請が必要

ドローンの飛行には規制があります。
ドローンの飛行場所(現場の場所)によって、許可の申請が必要です。

特に空港などが近いエリアでは手続きが複雑です。

弊社では空港すぐそばにある工場でも調査実績があり、難しい飛行申請のノウハウもありますのでご安心ください。

ドローン外壁調査は赤外線カメラで点検

赤外線カメラで外壁全体を撮影し、サーモグラフィー データで点検できます。
ひび割れやタイルの浮き、雨水の侵入が見られるような 箇所は温度が下がります。

そのため、修繕の必要な箇所を把握しやすくなるのです。

通常写真と赤外線写真を同時に撮影しますので、見比べることができます。

写真

何も異常がないように見える

赤外線によるサーモグラフィー

ベランダ部分の外壁表面のタイルに異常が見られる

ドローン外壁調査(赤外線点検)と
その他の比較!

点検の方法

コスト

期間

精度

赤外線カメラ搭載ドローン

  • ◆ 調査コストを大幅に削減
  • ◆ 調査期間最短1日
  • ◆ 外壁修繕に長けた担当者が赤外線データを分析

ゴンドラ点検

  • ◆ 調査コストが高め
  • ◆ 人の手による打診調査
  • ◆ 手配に時間を要す。

足場打診点検

  • ◆ 足場を組み上げるまでに数週間要す
  • ◆ 費用が高額なため調査のみでの使用が難しい

×

ドローン外壁調査とゴンドラ
見積りを比較!

【対象物件イメージ】

15階建て、2棟
約250世帯のマンション

ドローン外壁調査のお見積り

全てゴンドラで調査した場合のお見積り

※お見積りはサンプルです。実際の建物の条件により異なります。

大規模修繕の前に!
ドローンでの外壁調査(赤外線点検)のメリット

12条点検に提出する書類の作成も可能です。

(一級建築士による12条点検の調査報告書の作成にも対応しております。)
①大規模修繕の積算に活用

近年問題になっているビル・マンションの大規模修繕工事の修繕費。

ドローンの赤外線調査により、足場を組立てる前に正確性の高い積算が可能になります。

これまで人の手が届く範囲での打診調査・積算で、実数と大きな乖離が発生していた課題をドローン調査で解消します。

②12条点検の調査で使用可能

12条点検(定期調査・検査報告制度)の調査も、ドローンでの赤外線調査の報告が可能です。

12条点検で調査できるのは、一級建築士、二級建築士、講習受講して得た検査資格者で、スカイステージは一級建築士による報告書の作成まで可能です。

③調査費用の大幅なコスト削減

これまで、ビルやマンションの12条点検は、打診調査にも足場が必要だったことから、大規模修繕とセットで考えられることが多く、積算と実数との乖離によりトラブルの原因となることも少なくありませんでした。

ドローン赤外線調査では大幅に費用を抑え、大規模修繕工事を実施する前に「調査」のみ先行して行うことが可能になります。

④調査時間の大幅削減

足場やゴンドラでの外壁調査は、コストだけでなく時間も要します。

ドローン赤外線調査であれば、最短1日で済むこともあり、ご相談から調査までの期間も最短1日で実施可能です。(※ドローンが「包括申請」で飛行可能なエリア)

⑤信頼性の高い赤外線撮影

また、ドローンの赤外線調査では鮮明なサーモグラフィーデータが取得可能です。

それだけでなく、データを外壁修繕の経験と知識に長けた専任者が分析することで修繕が必要な箇所を報告書により明確にご提示することが可能です。

わかりやすい!
ドローン外壁調査(赤外線点検)の報告書

12条点検の結果は、特定行政庁に報告書の提出が義務付けられています。調査だけなく提出可能な報告書も作成しなければならないことを、忘れてはなりません。

弊社では図面より前回の補修箇所、新規で発見した浮き部分を図面にて詳細に指摘。損傷箇所は必ず赤外線画像と可視画像の双方を掲載し、第三者から見ても外壁の浮きが理解できるように記載しています。

加えて、15年以上の外壁修繕の経験を持つスタッフが損傷箇所を判断。対象箇所の緊急性の指摘や具体的にどのような修繕が必要かもご説明いたします。

報告書(立面図)

外壁赤外線調査(漏水調査)

ドローン点検 マンション修繕 赤外線調査

外壁赤外線調査(タイル浮き)

※お見積りはサンプルです。 実際の建物の条件により異なります。

ドローン外壁調査(赤外線点検)
スカイステージが選ばれる理由

全国どこでも出張対応可能!

●ドローンスクールも運営する技術と安全知識

●外壁調査から修繕まで一括請負も可能

ドローン外壁調査(赤外線点検)の実績が豊富な
有資格者が多数在籍

一般社団法人スカイステージ

●ドローンによる赤外線建物外壁調査
●国土交通省認定ドローンスクール

代表理事 岩根義行

ドローンインストラクター
赤外線診断士
樹脂接着剤注入施工技師

業務でドローンを使用する上級資格「ジョブパイロット」の育成にも注力し、全国にドローンを普及させる活動を行っている。

ドローンインストラクター

3名

赤外線診断士

3名

一級建築士

1名

樹脂接着剤注入士

4名

ドローン外壁調査(赤外線点検)の
安心・安全・確実な調査を実施

補助者をつけて

弊社では操縦者と調査場所周辺の安全確保のために、操縦者に最低1名の補助者をつけて調査いたします。
ドローン操縦中は操作と撮影で集中しており、操縦者に飛んでいるドローンの周りを確認している余裕はありません。
ドローンの飛行中に鳥などの障害物へぶつかり落下するなどの事故が無いように、補助者が操縦者とドローン付近の安全性を常に監視。
もちろん、補助者も有資格者であり、操縦者と同じくドローン操作のプロフェッショナルです。

作業周囲の安全確認だけではなく、近隣住民の配慮としてドローンでの調査を事前告知も行い、安全に配慮した調査を心がけています。

その場のデータチェックで

弊社では撮った写真データを撮影現場で確認、その場で整理して管理を徹底。
特にマンションでは各階の撮影写真が似たような画になりやすく、1回のシャッターで4枚違う写真を撮影するため膨大なデータ量になります。
写真データがフォルダ内で散らかったままでは、写真をみてもどこの壁面のひび割れか混乱し、別階の劣化部分と勘違いする恐れも発生。
弊社では誤診を防ぐために、その場で必ず撮影データをチェックし撮り残しが無いかも確認します。

建築を理解しているからこそ
最適な調査方法をご提案

調査に最適な時間帯

ドローン操縦だけでなく、建築も理解しているからこそ、ドローンで調査できない箇所や調査に最適な時間帯まで把握。
赤外線で計測した温度差で劣化を判断するため、温度が上がりやすい時間帯で計測します。

東面南面

午前中〜正午

西面北面

正午〜夕暮れ

北面・日陰部分

他の面の劣化を参照しながら判断。
ドローン調査が苦手とする箇所であり、別の調査方法をお勧めしています。

ドローン外壁調査の赤外線点検が不向きな場所
ゴンドラ調査や打診調査もご提案

弊社ではドローン調査が難しい場所についても把握。特に北面の中でも陽の当たらない箇所は温度差が出ないため、ドローン調査ができない箇所です。
また、エレベーターシャフトなども動きが多い場所ではドローンの調査はできません。

一方で、建築経験も豊富なスタッフが在籍しているからこそ、ドローン調査ができない箇所での劣化状況の判断やドローン以外での調査方法のご提案も可能です。
マンションであれば北面が廊下になっていることも多く、打診調査やゴンドラ調査などで調査できる場合もございます。
正確な劣化具合を把握したいお客様には、ドローン調査と組み合わせた調査をご案内いたします。

ドローン外壁調査(赤外線点検)は
全国対応!

ドローン外壁調査(赤外線点検)のご相談は全国より承っております。

持ち込む機材・宿泊費を考慮しても、ドローンでの外壁調査が安く済むケースは多いです。

事前にZoomを使用したビデオ会議などでのヒアリング、お打ち合わせも可能ですのでお気軽にご相談ください。

外壁調査 料金例

調査の金額は撮影範囲・建物面積により変動いたします
必要なものに合わせた金額をお見積りさせていただきます

可視カメラ+赤外線撮影

費用

1フライト 100,000円~

※別途 解析報告書作成費、交通費・宿泊費がかかる場合があります

可視カメラ+赤外線撮影

費用

50世帯のマンション 300,000円~

※解析報告書作成費、交通費・宿泊費を含まず

ドローン外壁調査(赤外線点検)の
流れ

1: 初回ヒアリング

下記をお伺いします。
  • ・赤外線調査の目的
  • ・建物の住所
その後、Googleマップなどで 物件の詳細を調査します。

2: お見積り

概算のお見積書をお送りします。 合わせて報告書のサンプルなども お送りします。

3: 調査実施

当日の天気を確認し、実施可能かを判断します。
雨天でなくても強風が吹いていないかなども重要です。
補助者と共に現場に伺い、調査の実施。
日の当たり具合などを見ながら、調査箇所ごとに撮影時間を考慮します。
※雨漏り調査の場合は、前日が雨の場合に実施。

4: 赤外線報告書の提出

2週間以内に調査データをお送りします。
報告書の内容によっては日数をいただくこともございます。
報告書の送付後は、ご質問に対し適宜お答えします。

外壁調査に使用する機体

ドローン機種

動作範囲

最大フライト時間

保護等級

最大ペイロード容量

Matrice 300 RTK

8km

55分

IP45レベル

2.7KG

可視カメラ機種

ズームカメラ(20MP)

広角カメラ(12MP)

レーザー距離計

保護等級

Zenmuse H20

最大200倍ズーム

24㎜(35㎜換算)

±0.2m + D×0.15%

IP44レベル

可視+赤外線 機種

温度分解能(NEDT)

赤外線 解像度

最大フレームレート

保護等級

Zenmuse H20T

≤50 mK @ f/1.0

640×512

30fps

IP44レベル

運営会社

法人概要 一般社団法人スカイステージ
所在地 〒570-0012
大阪府守口市大久保町5-14-7 樽本ビル2F-E
法人概要 一般社団法人スカイステージ
代表理事 岩根 義行
電話番号 06-6914-4298
事業目的 ドローン外壁調査
ドローンパイロットの育成
ジョブパイロットの育成
ドローン撮影
映像制作

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

    ※概算のお見積りをご希望の方は、
    ●建物の住所
    ●建物名
    をご記載ください。
    お名前※
    メールアドレス※
    電話番号
    12条点検の報告書の希望
    (特定建築物定期調査報告書)
    お問い合わせ内容
    個人情報の取り扱いについて

    一般社団法人スカイステージは、個人情報保護に関する法令およびそのほかの規範を遵守します。
    • 一般社団法人スカイステージが収集する個人情報とは、個人の氏名、生年月日、住所など特定の個人を識別できる情報(ほかの情報と容易に照合することで、それにより特定の個人を識別できることも含みます)をいいます。
    • 取得した個人情報は適切に保管し、第三者への漏洩などの防止につとめます。
    • 取得した個人情報は予約・お問い合わせにスムーズに対応する為に利用します。また希望された方へのお知らせ等に利用します。
    • 取得した個人情報は当社がサービスを行う上で情報共有が必要な提携先に開示する場合がありますが、開示した先も一般社団法人スカイステージ同様に個人情報保護につとめます。

    プライバシーポリシーに関するお問い合わせ先
    一般社団法人スカイステージ
    〒570-0012 大阪府守口市大久保町5-14-7 樽本ビル2F-E

    TEL: 042-797-4829

    外壁調査だけでなく多くのインフラ点検・ サービスを提供しております

    橋脚/橋梁

    鉄塔

    メガソーラーパネル

    重要文化財

    3D測量